医療脱毛と脱毛サロンの違いとは?どちらを選ぶといいの?!


医療脱毛の特徴とメリット・デメリット

医療脱毛は、医療レーザーを使用して脱毛します。文字通りレーザー脱毛は医療機関でしか行うことができません。医師が診察をして、看護師など資格を持った人しか扱うことができません。医師の管理のもと行う脱毛なので、レーザー脱毛はエステ脱毛よりも効果が高いです。
メリットは、効果が強いので少ない回数で脱毛を完了することができます。さらに、脱毛によって万が一肌トラブルが生じても、医療機関なのですぐに診察して治療してもらうことができます。
デメリットは、エステ脱毛に比べて料金が高額なことと、エステ脱毛に比べ痛みが強い事です。もちろん人それぞれなので、痛みをあまり感じないという人もいますが、とても痛かったという人もいます。もし、医療脱毛を受けるつもりなら、一度お試し照射で確認してもらうといいかもしれませんね。

脱毛サロンの特徴とメリット・デメリット

脱毛サロンは、エステサロンなどで受けることができる光脱毛です。
メリットは、医療脱毛に比べると痛みが少ない事です。医療脱毛で痛みが強かった人の中には、脱毛サロンに乗り換えたという人もいます。また、人を呼び込むために様々なキャンペーンを展開しているので、上手く利用すればより安く利用できます。
デメリットは、予約がとりづらかったり、脱毛完了までに時間がかかることです。上手く予約をとって通うようにしないと、何年もかかってしまいます。

自分のニーズに合わせて選択しましょう!

医療脱毛と脱毛サロンには、それぞれメリットとデメリットがあります。痛みにある程度強く、早く脱毛を完了させたい人は医療脱毛を選択することをおすすめします。時間がかかってもいいので、できるだけ安く脱毛をしたい場合は脱毛サロンを選択するといいかもしれませんね。

視線が気になる脚の脱毛ですが、脱毛サロンや医療脱毛に通う時には注意が必要です。なぜならレーザーで毛根を焼くので、処置後に強い紫外線を浴びると肌トラブルを引き起こす可能性があるからです。