育毛するのは難しくない!?原因を見つけることがポイント


思い当たる生活習慣から改善を

薄毛の原因は人により異なりますが、鍵となるのはいかにして抜け毛の増加を防ぐかです。洗髪後に抜け毛が増えてきたと感じたら、薄毛の進行が始まっていると考えてよいでしょう。冷静に日々の生活習慣を思い起こしてみて、原因と思われる習慣から改善していくのが効果的です。例えば健康や美容に悪い習慣というのは、総じて髪にも悪いと考えて間違いありません。ストレス過多の生活や夜ふかしなどは健康を害する習慣で、もちろん薄毛を促進する原因にもなります。育毛と言えば育毛剤の使用を連想する方が多いでしょうが、何よりも先に実践するべきことは生活習慣の見直しにあります。髪は頭皮から生えてきますが、その頭皮の状態を決めるのは生活習慣なのです。

ストレス解消をして育毛するなら睡眠から

ストレスを抱えている方はストレス性の薄毛を招く可能性が高いです。ストレスによって自律神経のバランスが崩れたり、ターンオーバーのバランスが乱れたりしている状態は好ましくありません。ストレスが原因の薄毛を根本から解消するためには、ストレス自体を軽減していく必要があります。現代人は少なからずストレスを抱えていますが、何日も引きずるような慢性的なストレスを感じている方は注意する必要があります。まずは早寝早起きを意識して十分な睡眠を確保しつつ、心身のバランスを整えていくことが大切です。ストレス解消の秘訣は何よりも脳を休ませることであり、睡眠時間と質が鍵となってきます。よい睡眠は育毛促進の基本であり、特にゴールデンタイムである22時~翌朝2時までの間は就寝する癖をつけてください。

育毛のカギを握るのは頭皮のケアです。そのために、まずは毎日の洗髪方法やシャンプーの見直しが必要。あわせて、洗髪後に使うトニックなど頭皮ケアのアイテムもチェックしましょう。