血液クレンジングの概要とメリット・デメリット


血液クレンジングとは何か

血液クレンジングとは、血液を採血し医療用オゾンで浄化し、新鮮な血液として体内へ戻す治療法です。日本では最近になって注目されている治療法ですが、海外においては広く認知されています。新鮮な血液が全身に行きわたるので、リンパ液の浄化や活力の回復、肌の若返りといった効果があります。美容と健康の両方に効果を発揮し、自然治癒力を強化する治療法としても注目されています。1回の治療でも効果が期待できますが、月に1回から2回程度の治療を繰り返すことで、より高い効果を得ることができます。

血液クレンジングのメリット

血液クレンジングには多くの効果がありますが、一番のメリットは肌の若返りです。キレイな血液が体中に送られるので、肌の若返りを促進することができます。また、血流の改善は、血流不良によるむくみや肩こり、冷え性の改善にもつながります。さらに、細胞の活性化を促進するので、細胞の呼吸の正常化や活性酸素の減少などの効果もあり、体全体の若返りも期待できます。

血液クレンジングのデメリット

様々な効果がある血液クレンジングですが、デメリットはほとんど存在しません。考えられるデメリットは副作用ですが、過去には副作用が起きた例もありますが、現在ではほとんど報告がありません。ただ、点滴後にだるさを感じる場合がまれにあるので、このような状態になったときは医師への報告が必要です。また、遺伝子疾患であるG6PD欠乏症の人や、妊娠中の人などには血液クレンジングができないので、自分の体調をしっかりと考慮して治療することが大切です。

血液クレンジングは疲労回復などに効果のある治療ですが、効果の最大化を図る為には継続的に行う事が大切です。数ヶ月に一度、行う様にしましょう。